「ASUS ROG Strix GeForce RTX 2080」レビュー

高性能クーラーを搭載した「ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」をレビュー!

ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING | ビデオカード | ASUS 日本
IP5X認証の高性能ファンを備えたゲーマー向けOCモデルGeForce® RTX 2080ビデオカード

NVIDIA TURING™: ROG GeForce® RTXグラフィックスカードは、Turing GPUアーキテクチャと全く新しいRTXプラットフォームを採用しています。これにより、前世代のグラフィックスカードから性能を最大6倍まで引き上げ、リアルタイム・レイトレーシングとAIをゲームにもたらします。
DirectX 12: よりリアルなゲームのために強化された新しい視覚効果とレンダリング技術を搭載
4K: GeForce RTXで史上最高のグラフィックスによる究極の4Kゲーミング体験を実現
Axial-techファンは、オールラウンドな優れたデザインを備え、IP5X防塵機能に対応
2.7スロットデザインにより、冷却面積は前世代と比較して20%以上拡大
MaxContactテクノロジーにより、GPUチップとの2倍の接触が可能になり、熱伝導性を向上
Auto-Extremeテクノロジーによる自動化で、システムの信頼性を向上
Super Alloy Power IIは、プレミアム品質の合金製チョークコイル、固体ポリマーコンデンサ、そしてTuring™のコアに動力を供給する高電流パワーステージを採用
ASUS FanConnect IIは最適なシステム冷却のために2つのハイブリッド制御ファンヘッダーを装備
GPU Tweak IIは直感的なパフォーマンス調整と温度制御を提供

ASUS公式サイト

スペック

RTX 2060 RTX 2070 RTX 2080 FE ROG Strix
RTX 2080
製造プロセス 12nm FFN 12nm FFN 12nm FFN 12nm FFN
GPUコア TU106 TU106 TU104 TU104
CUDAコア 1920基 2304基 2944基 2944基
Tensorコア 240基 288基 368基 368基
RTコア 30基 36基 46基 46基
ベースクロック 1365 MHz 1410 MHz 1515 MHz 1515 MHz
ブーストクロック 1680 MHz 1620 MHz 1800 MHz 1860 MHZ
メモリ容量 GDDR6
6GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
メモリスピード 14 Gbps 14 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
メモリインターフェース 192 bit 256 bit 256 bit 256 bit
メモリ帯域 336.1 GB/s 448 GB/s 448 GB/s 448 GB/s
TDP 160W 175W 225W 非公開

外観

IMG_5012.jpg
IMG_5110.jpg
IMG_5107.jpg
IMG_5105.jpg
IMG_5066.jpg
保護フィルムが貼ってある
IMG_5069.jpg
本体長さは300mm
IMG_5078.jpg
本体高さは54mm
IMG_5103.jpg
ケースに固定する部分から本体が30mm程突き出る
IMG_5071.jpg
補助電源コネクタは8ピン×2
IMG_5073.jpg
ロゴはLEDで光るようになっている
IMG_5074.jpg
バックプレートはヘアライン仕上げのアルミ製
IMG_5075.jpg
2.7スロット厚のクーラー
IMG_5082.jpg
RGB LED 点灯 / 消灯 切り替えボタン
IMG_5085.jpg
Pモード / Qモード BIOS切り替えスイッチ
IMG_5088.jpg
バリアリング付きのAxial-tech 3連ファン
IMG_5086.jpg
IMG_5090.jpg
IMG_5098.jpg
IMG_5091.jpg
AURA LEDヘッダー / ASUS FanConnect II
IMG_5100.jpg
インターフェースはDisplayPort 1.4×2 / HDMI 2.0b×2 / USB Type-C
同時出力4画面に対応
IMG_5096.jpg
IMG_5102.jpg
RTX 2080以上のモデルに採用されている専用のフレームは強度抜群
このフレームはROG Strix GeForce RTX 2060/2070に似ているが形状が異なる

検証

CPUはCore i9-9900KF定格動作、メモリ速度は2666MHz。RTX 2080のファンコントロールモードはパフォーマンスモード(Pモード、常にファンは動作)にしてある。もうひとつQモードがあるのだが、こちらはセミファンレスモードになる。

ベンチマークソフトは「FF14 漆黒のヴィランズ」を使用する。解像度設定はフルHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)、品質設定は最高品質にする。

FF_9900KF_ROGRTX2080.jpg

次は、メモリ速度を3600MHzに変更してみる。

FF_9900KF3600_ROGRTX2080.jpg

メモリのオーバークロックでスコアは2000もの差がついた。最近のゲームはメモリ速度は重要なので、予算が許すならオーバークロックメモリを同時に購入することをおすすめする。前回と同じ用に、Core i9-9900KFを全コア5.0GHzにオーバークロックして検証してみたが、やはり誤差程度の違いだった。

以下はレポート出力したデータをグラフにしたもの。

FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク フレームレート [9900K_RTX2080]
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク SCORE [9900K_RTX2080]

冷却性能に関してだが、ケースに入れた状態でGPUの最高温度は、フルHDで60℃、WQHDで65℃だった。室温は22℃。比較的負荷の軽いシーンでは50℃半ば辺りまで下がることもある。RTX 2080であるにも関わらず、クーラーの性能がオーバースペックのようだ。60℃未満だとファンノイズは殆ど無いので、ケースに入った状態ではかなり静か。Qモードのセミファンレスモードにしても冷却は余裕なので、ファンノイズを更に小さくしたい場合はQモードにしよう。

【追記:2020/6】
下記のグラフは、Ryzen 9 3900X メモリ速度3600MHzの設定で手持ちのビデオカードを比較したもの。全てオリファンモデルなのでメーカーによる多少の誤差はあると思う。

まとめ

コストパフォーマンスを無視した価格設定のROG Strixシリーズは、クーラーの性能が非常に高い。サーマルスロットリングはまず発生することはないので、常に100%に近いパワーを維持出来る。それでいてGPU温度はかなり低めなので、ファンノイズも少ない。RTXならリアルタイムレイトレーシングに対応しているし、最新のゲームを快適に動作可能だろう。RTX 2080の性能は、前世代のGTX 1080 Tiと同等の性能。4K解像度でも大抵のゲームは快適に動作するパワーがある。

現在は、新しいRTX 2080 SUPERが発売されているので、今から買うならSUPERの方が良いかも知れない。

IMG_5113.jpg

RTX シリーズ レビュー

「MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO」レビュー
トリプルファンクーラー「Tri Frozr」を採用するオーバークロック仕様の「MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO」をレビュー!
「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 SUPER Twin Fan」レビュー
2スロットサイズの「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 SUPER Twin Fan」をレビュー!
「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fan」レビュー
2スロットサイズの「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fan」をレビュー!
「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan」レビュー
約210mmの省スペースな「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan」をレビュー!
「ASUS ROG Strix GeForce RTX 2060」レビュー
高性能クーラーを搭載した「ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING」をレビュー!
タイトルとURLをコピーしました