「Logicool G G502WL」ワイヤレスゲーミングマウス レビュー

2.0

遅延が感じられない「Logicool G G502WL」ワイヤレスゲーミングマウス レビュー!

ロジクールG502 LIGHTSPEEDワイヤレス ゲーミング マウス
G502 LIGHTSPEEDワイヤレス マウスを購入。Powerplayワイヤレス充電の互換性、HERO 16kセンサー、LIGHTSYNC RGBライト、PVCフリーなどが特徴です

Logicool G G502WL スペック

物理的仕様
高さ:132mm
幅:75 mm
奥行き:40 mm
重量:114 g(マウスのみ)
追加重量(オプション):最大16 g

トラッキング
センサー:HERO™
解像度:100~16,000DPI
ゼロスムージング/アクセラレーション/フィルタリング
最大加速:> 40 G1ロジクールG240ゲーミング マウス パッド上でのテストによる
最大速度:> 400 IPS2ロジクールG240ゲーミング マウス パッド上でのテストによる

感応度
USBデータフォーマット:16ビット/軸
USBレポートレート:1000 Hz (1ms)
ワイヤレス レポートレート:1000Hz(1ms)
ワイヤレステクノロジー:LIGHTSPEEDワイヤレス
マイクロプロセッサ:32ビットARM

耐久性
PTFEフィート:250km範囲3ロジクールG240 ゲーミング マウス パッド上でのテストによる

バッテリー駆動時間(連続使用時)
デフォルトのライティング:最長48時間
ライティングなし:最長60時間
USB 2.0で5分間充電すると2.5時間のゲームプレイが可能

Logicool公式サイト

スポンサーリンク

パッケージと付属品

重りが付属しており、2グラムが4個、4グラムが2個ケースに入っている。

ワイヤレスレシーバーとアダプター。

メッシュケーブルは柔らかくて癖が付きにくい。ケーブルでマウスとパソコンを接続していれば、レシーバーを取り付けなくてもマウスは動くので、有線マウスとしても使用可能である。

マウス本体外観

重りが付属しているのでマウスを自分で好みの重さに変更できる。画像は付属の重りを全て取り付けた状態。丸いカバーを開けたマウスの内部は、レシーバーを収めることが可能。これらのカバーはマウス本体に磁石で固定される構造になっており、普段使用でズレたり外れたりすることは無い。

ホイール直ぐ下のボタンは、ホイール回転のクリックを有りと無しで切り替え可能。無しにすると無抵抗になるので、上下スクロールを多用するブラウジングが捗る。

G HUBソフトウェア

マウスの全機能を使用するのであれば、専用の「G HUBソフトウェア」のインストールが必要。ダウンロードは公式サイトから行える。

ソフトを起動するとホーム画面が表示される。ここでは接続している対応デバイスが表示される。G502が今回レビューしているマウスなので、これをクリックする。

左側にメニュータブが表示される。一番上はRGB LEDの設定が行える。色を固定にしたりアニメーションやレインボー、表示をオフに設定できる。

真ん中のタブは各キーの割り当てが行える。Gシフトを使えば、キーの割り当てを増やすことが可能。この機能はGシフトキー(各キーに割り当ての変更可能)を押している間、各キーの割り当てが別のものに変わるという機能で、Gシフト専用のキー配置も好みの割り当てが可能。慣れると非常に使いやすい。

マクロの設定は前世代の「ゲーミングソフトウェア」に慣れていると、かなりやり難いと感じると思う。基本的な設定方法は同じだが、細かい所で不親切さが目立つ。今後に期待。

下のタブは、センサーのDPI速度を行える。スクショは600と1200のふたつ設定してあるが、デフォルトでは5つ設定されている。この速度の切り替えは「DPIアップ」「DPIダウン」「DPIサイクル」に割り当てたキーで変更可能。「DPIシフト」キーでは、押している間だけ黄色に表示されている速度に切り替わる。

こちらは「G512-CK」キーボードで、対応デバイスであればRGB LEDの設定を他のデバイスと同期させることができる。G502WLも対応しているので、両者は同期が可能。

使ってみた感想

まずはマウスの大きさだが、これは標準的なゲーミングマウスのサイズである。大きくもなく小さくもなく、多くの人が問題なく使えるサイズだと思う。各キーの配置も良く考えて設計されており、一部を除いて(後述する)慣れればかなり使いやすいと感じた。プライマリクリック、セカンダリクリックの感触は良好で、安物に見られるような不自然な硬さは無く、軽い押し心地である。しかし、力を入れ過ぎて誤爆するような柔らかさではない。押し始めが柔らかく、押したあとの反発が強いタイプのスイッチで、ゲーム向きだと感じた。押した音も割と静かな部類だと思う。

ワイヤレスマウスなので遅延やカクつきが気になる人が多いと思うが、これは有線マウスを使用しているのと同等で、ゲームをしても遅延やカクつきは全く感じられない。ワイヤレスレシーバーを電波干渉しない位置に設置すれば、まず問題は起こらないと思う。スリープから復帰するときも遅延は全く無い。スリープに入っているのかすら不明であるが。

バッテリーの持ちに関してだが、管理人は最近このマウスを仕事で丸一日(10時間ほど)使用していたが、LEDオフであれば満充電から30%辺りまで減るのに10日近くかかる。DPI速度の設定にもよると思うが、ハードユーザーでも5日~1週間ほどは持つと思われる。バッテリーの性能は十分だろう。

ひとつ不満があり、ミドルクリック(ホイールクリック)が押すのに結構力がいることと、ホイールの左右スクロールが柔らかすぎて、ミドルクリックを押すと左右スクロールを同時に押してしまうことが良くある。これは気をつけていれば問題ないが、ゲームなどで激しい操作をしているときは良く誤爆する。これに関しては非常に不満で、どうしてこのような設計にしたのか疑問である。普通に使用している人であれば気になると思うし、商品レビューでもこれを指摘している声は海外を含め多い。ミドルクリックを多様する人は注意した方が良い。左右スクロールを無効にすれば済む問題でもないので。

G HUBソフトウェアはバグの温床

ロジクールの最近のデバイスはG HUBソフトウェアで動作するようになっており、前世代のゲームソフトウェアに対応していたデバイスもG HUBに対応しているものがある。しかし、一部のモデルではG HUBで使用すると不具合があり、ゲームソフトウェアでないと正常に動作しない。悪いことに、両方のソフトに対応しているデバイスだと、G HUBをインストールしていると(起動していなくても)ゲームソフトウェアでは使用不可能になっている。つまり、G HUBのみに対応しているデバイス(G512等)を使用している環境だと、両方のソフトに対応しているデバイスをゲームソフトウェアで使用することができなくなる。

ロジクールは不具合を長期間放置しており、改善する気は全く無い。しかも、ロジクールのサイトを見ると不具合のあるデバイスにもG HUBの使用が推奨されている。当然ネット上での不満の声は多く、一部では詐欺だろうという声もある。ちなみに、不具合のあるデバイスは「G600」が有名で使用している人は多いだろう。管理人もこのマウスを所有しており、G HUBでの不具合を確認している。このマウスはサイドボタンが12個あるのだが、内4個のボタンの割り当てが不可能というもの。当然だが、割り当てができなければそのボタンは使えない。気になる人はググってみよう。

総合評価

○ 良いと思った点

  • ワイヤレスマウスの割に本体は軽い
  • スリープ復帰の遅延ゼロ
  • バッテリー持ちが良い
  • 動作中の遅延やカクつきが一切ない(管理人の環境)

✕ 悪いと思った点

  • ミドルクリックと左右スクロールクリックの硬さのバランスが悪い
  • 今どき接続端子がUSB-CでなくマイクロUSBなのは時代遅れ
  • G HUBソフトウェアは不具合が多い
  • コストパフォーマンスは悪いと思う

 

先程も述べたが、ミドルクリックが致命的。これはブラウザでネットを見ていて新しいタブを開く等にも使うので、使用頻度が高い人は多いと思う。ゲームだけに使用するのであれば良いと思うが、普段もこのマウスを使うのであれば実際に触って確認してから購入した方が良いだろう。

G502WLの実売価格は、13000~15000円(2020/4現在)と高価な部類である。これは同社のフラッグシップマウス「MX Master 3」とほぼ同じ価格。ゲーミングに拘らなければ高級マウスが買える金額なのだ。G502WLの完成度を見るとコストパフォーマンスは良いとは言えない。なので、管理人は自身を持って勧められる代物ではないと感じた。どうしても欲しいというのであれば止めないが・・・。

管理人はG502WLをレビューするのにひと月程メインで使用してみたが、ミドルクリックには全く慣れることはなかった。むしろ、ストレスが溜まる一方である。使いやすいものは慣れなくても最初から使いやすく感じるものなのだ。現在、管理人はメインでMX Master 3を使用している。このマウスは非常に使いやすいのでお気に入りのマウス。G502WLは、ゲームをやる時だけに使用することにした。

仕事で使用しているマウスとキーボード

タイトルとURLをコピーしました