「Windows 10 Pro」アップデート後の再起動を無効にする方法

Windows 10 Proでアップデート後に勝手に再起動されるのを無効にする方法を自分用にメモ。

「ローカルグループポリシーエディター」を起動する。

手順は、「Win」+「R」キー同時押し後、検索ボックスに「gpedit.msc」と入力。「ここに入力して検索」ボックスからでも「gpedit.msc」と入力すれば検索候補に出てくる。

「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」と開く。

「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」をダブルクリックで開く。

デフォルトでは「未構成」だと思うので、「有効」にチェックして「OK」をクリック。

この状態だと、再起動をする時に通知が入るのでユーザーの任意のタイミングで再起動可能になる。これで良ければこの作業は終了。

通知ですらウザいと思うなら、同じ「Windows Update」項目にある「自動更新を直ちにインストールすることを許可する」をダブルクリックで開く。

デフォルトでは「未構成」だと思うので、「無効」にチェックして「OK」をクリック。これで通知はされないし、アップデート後に勝手に再起動されることも無くなるはずだ。

え? Windows 10 Homeにはローカルグループポリシーエディターが存在しない? まことにざんねんですが、Homeエディションではローカルグループポリシーエディターはインストールされていません。

Homeエディションにローカルグループポリシーエディターをインストールしたり、レジストリエディターを編集して無理やり設定変更する強者もいるが、管理人の知っている方法は確実なものではないのでこのブログでは公開しない。どうしても知りたい場合はググって調べよう、自己責任で。

タイトルとURLをコピーしました